Le Ciel 未分類
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ずっと放置していましたが、思うところがあり、またブログを更新していくことにしました。
少しずつ、平凡な日常を綴っていきます。
スポンサーサイト
2013.04.21 Sun l 未分類 l コメント (0) l top

ブログの更新が滞りがちなまま、ずいぶんと長い間、放置してしまいました。

中途半端なままでずっと気にはなっていたのですが、なかなか更新できず。

一旦これを区切りとして、「お休み」にしたいと思います。

またいつの日か、再開するかもしれません・・・

あ、空は相変わらず元気にしております


2010.05.24 Mon l 未分類 l コメント (3) l top

 

最近、心に留まった言葉。

 

あなたが空しく生きた今日は、

 
昨日死んでいった者が、

 
あれほど生きたいと願った明日



(趙昌仁 著「カシコギ」より)

 

そうだね。その通り。

わかっているけれど、毎日を常に前向きに精一杯生きるって意外と難しいことだよね。

空しく過ぎていく一日があってもいいとは思う。

でも、決して過去にとらわれ過ぎることなく、

また、先ばかり見るのではなく、

与えられた一日一日を、今日のこの瞬間を大切にしなくては。

2008.12.19 Fri l 未分類 l コメント (0) l top
朝、通勤途中の電車の中でふと目に留まったもの。

「日本のみなさまへ」

こんな言葉で始まるその吊り広告は、夏のバーゲンセールを知らせる周囲の派手な広告の中に紛れて、たった1枚だけ、ひっそりと掲げられていました。

金曜日の朝の通勤電車は、1週間の疲れを溜めた人々の気だるい雰囲気に包まれていて、
ひっそりと掲げられたその広告に目を留める人はそれほど多くなかったようです。

広告主は、「中国大使館、在日華僑、華人、留学生一同」。
先日の中国四川大地震に際して、日本(人)が行ったさまざまな支援に対する感謝の意が述べられているものでした。

「遠き親戚より近き隣人」
日本からのさまざまな支援についてこう書かれていました。

最近は、食品の安全性の問題や環境問題などで、いろいろと取り沙汰されることが多い隣国ですが、
「本当にありがとうございました。」
そう締め括られたその広告を見て、心がほっと温かくなったような気がした朝でした。
2008.06.27 Fri l 未分類 l コメント (0) l top
2008桜



願わくは花の下にて春死なん その如月の望月の頃


山家集におさめられている西行の歌。
私は、昔からこの歌がとても好きなんです。

如月は旧暦の二月、現在の三月であり、ちょうど桜の季節。
できることなら、満開の桜の花のもとで一生を終えたいと願った西行。
この歌を最初に知ったとき、「なんて美しい歌なんでしょう!」と、
とても感動したのを覚えています。

私が生まれた日は、大雪が降ってとても寒い日だったそうなので、
せめて最期の時くらいは、私もかくありたいと願っています。

西行は、この歌を詠んだ約10年後、願いどおりに2月の望月の頃に一生を終えたそうです。
おそらく満開の桜の中で・・・
2008.04.04 Fri l 未分類 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。