Le Ciel 製菓用品
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
フェーブ


12月に買い求めたフェーブたちをご紹介します。

1月のお菓子と言えば、ガレット・デ・ロワ。
ガレット・デ・ロワとは、フランスの伝統菓子で、イエス・キリストが神の子として見い出された公現祭の日(1月6日)に食べるものです。
ガレット・デ・ロワの楽しみは、その中にフェーブがひとつだけ仕込まれていること。もともとは豆を使っていたので、空豆=フェーブと呼ばれていますが、今では陶器製のミニチュア細工のようなものが使われています。

切り分けたガレット・デ・ロワの中からこのフェーブが出てきた人は、その日一日は王様(女王様)になることができ、みんなから祝福されます。そのため、ガレット・デ・ロワの上には王冠を飾るんですよ。
最近では、日本でもお馴染みのお菓子になってきたようで、フェーブをコレクションしている方も結構いるみたいです。

私も過去に一度だけ、フェーブを当てたことがあります。やっぱり嬉しいものですよ



スポンサーサイト
2008.01.02 Wed l 製菓用品 l コメント (3) l top
最近、買ったもの その2。

Vitantonio ワッフル&ホットサンドベーカー VSW-400 Vitantonio ワッフル&ホットサンドベーカー VSW-400
()
Vitantonio (ビタントニオ)

この商品の詳細を見る


これも前から欲しかったけど、どうしようかずうっと迷ってました。
とうとう買っちゃいました~。
早速、ベルギーワッフルを焼いてみましたよ。パールシュガーを混ぜ込みました。出来上がりはなかなか。外側がカリッとしていて美味しかったです。焼きたてが一番ですね。
家族にも評判で、あっという間になくなっちゃいました。
なので、写真がありませ~ん。

2007.04.06 Fri l 製菓用品 l コメント (0) l top
私はお菓子作りが趣味です。
よってお菓子をよく作るのですが、ケーキを1台仕上げた後にいつも困っていたのがそのケーキをのせる器。
なるべくシンプルでフラットな大皿を選んでケーキをのせているのですが、これを冷蔵庫で保管するとなると上にラップをかけなくてはならなくて、ラップがケーキにくっついてクリームがべったり・・・なんてことに。それに、お客様にサーブするときもナンだかあまり見栄えがよくありません。

そこで前から欲しいと思っていたケーキドーム。
プラスチック製のカバーがついたものはよく売っているのですが、安っぽい感じがして嫌でした。
ずっと探していたのですが、とうとう見つけました!
アンカーホッキングのガラス製のケーキドーム。



高さがあるので冷蔵庫にこのまま入れるとちょっと場所を取りすぎなのですが、でもシンプルでエレガントでなかなか素敵。
ケーキだけでなく、焼菓子やアフタヌーンティー用のサンドイッチなんかをのせてもいいかもしれません。
また、ケーキを入れずにキャビネットの上に置いておくだけでも絵になりそうです。
さあ、あとはこれに入れるケーキを焼かなくては。

もうすぐクリスマス。
クリスマスには、この時期ならではの美味しいお菓子がたくさんあります。
どんなお菓子を作ろうかしら?



2006.12.08 Fri l 製菓用品 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。