Le Ciel 北海道旅日記その3 ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ウインザーホテルに到着した日の夜、お待ちかねのミシェル・ブラスでのディナーの時間となりました。

ミシェルブラス


予約は18時半。期待に胸がふくらみます
通されたのは窓際の席。昼間なら素晴らしい景色が広がっているところですが、当然真っ暗で何も見えませんでした。そういう点では、ランチの方が、お値段も手ごろで景色も楽しめてお得なのかもしれません。

コースメニューは2種類ありましたが、もちろんお高い方を選びましたよ。だってわざわざここで食事をするために飛行機に乗ってやってきたんですもの。

コースの名前は「発見と自然」。

menu


面白い名前ですよね。でもこういうところにもミシェル・ブラスらしさが表現されているのでしょうね。

メニュー

若野菜で仕上げたガルグイユー
野生のハーブと花、タイム セルポレのオイル

タラバ蟹のファルシ ウイキョウとピーマン
蟹でつくったブイヨン 一筆のレモン

ナチュラルに仕上げた鴨のフォアグラ
桃のゼリー スベリヒユ 時季の葉&レモンマリーゴールド

北海道産トウモロコシのスープ
香ばしい胡麻のクリーム

比内地鶏のポシェ/グリエ
オルジュとフルーツを合わせて 鶏のジュ ルッコラ

フランボワーズの流れる温かいビスキュイ クーラン
レモングラスのアイスクリーム

ヨーグルトのパフェ
香辛料を効かせたプラムのコンポート
スターアニスのアイスクリーム

柑橘フルーツのグラニテ



意外な味の組み合わせがあったりして、香り・味・彩り・・・いろんなコントラストを楽しませてもらいました。
一番気に入ったのは、最初に出てきたガルグイユーかな。地元の野菜をたっぷり使っているのでしょう。ひとつひとつの野菜がしっかりとしたお味で、本来の野菜の旨みを感じることができた一品でした。満足満足
帰りにはお菓子のお土産をいただきました。

でも意外だったのは、内装がとてもカジュアルな雰囲気だったこと。重厚な作りを想像していたのですが、とても明るくすっきりとした感じの店内でした。最初は「あらら?」と思ったのですが、これなら気負いなくお食事ができそうです。ソムリエ他、皆さんの対応もとてもよかったと思います。

今度は外の景色を楽しめるランチに行ってみたいな~。

スポンサーサイト
2007.10.04 Thu l 旅行 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。