Le Ciel マザー・テレサの言葉
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

先日、久しぶりに、マザー・テレサの本を読みました。
昔、通っていた学校に、来日された当時のマザー・テレサの写真が飾られていました。
あのマザー・テレサがここにいらっしゃったのかと思うと、感慨深いものがあったのを覚えています。

私はクリスチャンではないけれど、マザー・テレサの言葉が好きです。
彼女の生き方については、いろいろなことを言う人がいるようで、
感じ方は人それぞれだと思うのですが、
でも私は、心が荒んでいるなあと感じたとき、マザー・テレサの言葉を思い出します。
人が人として生きていくうえで、ついつい忘れがちな、とても大切なことを教えてくれていると思うのです。



 

<マザー・テレサ 愛と祈りのことば より>



大切なのは


どれだけたくさんのことをしたかではなく


どれだけ心をこめたかです


何でもない微笑みが及ぼす効果には


計り知れないものがあります



大切なのは

沢山のことを成し遂げることでも


何もかもをすることではありません

 
いつでも何に対しても喜んでする気持ちが


あるかどうかなのです




平和は微笑みから始まります


1日5回あなたが本当は笑顔を見せたくない人に

 
微笑みかけなさい


それを平和のためにするのです





大きなことを出来る人はたくさんいますが


小さなことをしようとする人はごくわずかしかいません




親切で慈しみ深くありなさい


あなたに出会った人がだれでも


前よりもっと気持ち良く 明るくなって帰るようになさい


親切があなたの表情に眼差しに微笑みに


温かく声をかける言葉にあらわれるように


子供にも貧しい人にも


苦しんでいる孤独な人すべてに


いつでも喜びにあふれた笑顔を向けなさい


世話をするだけでなく あなたの心を与えなさい




昨日は去りました


明日はまだ来ていません


わたしたちにはただ今日があるのみ


さあ始めましょう



スポンサーサイト
2008.04.14 Mon l いろいろ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。