Le Ciel ルノワールとラ・フォル・ジュルネ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
連休も残すところあと1日となりましたね。
中には11連休などという非常に羨ましいお休みを過ごしている方もいらっしゃるようですが、私はカレンダー通り。
前半は普通に仕事をして、後半になってやっと少しだけ連休気分を味わっております。

4連休の前半は、芸術三昧(?)の日々を過ごしました。
初日は、渋谷Bunkamuraで開催されている ルノワール+ルノワール展 へ。
印象派を代表する画家ピエール=オーギュスト・ルノワールと、彼の息子であり、偉大な映画監督であるジャン・ルノワール。
父親の絵画と息子の映画を同時に紹介するという、なかなか面白い企画でした。

2日目は、有楽町フォーラムへ。
目的は、毎年恒例の ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭 2008です。
今年のテーマは、シューベルトとウィーン。
私は、シューベルトの交響曲8番グレイトを聴きました。フォーラムのホールAは初めてだったのですが、やっぱり音響はサントリーホールにはかなわないなあというのが率直な感想。
フォーラム内は、老若男女ものすごい人でした。こんなにクラシックを聴く人がいるのねえ、とびっくり。今回の音楽祭はカジュアルな催しなので、普段クラシックの敷居が高いと思っている人たちにもとっつき易いのかもしれません。

いい絵を鑑賞して、いい音楽を聴く。
私にとって、いちばんの気分転換となった休日の過ごし方でした。


スポンサーサイト
2008.05.05 Mon l お出かけ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。