Le Ciel イマドキノ新入社員
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ここ数年は、大学生の就職活動(今は「就活」と略すらしいです)も、バブル期以来の売り手市場とのこと。団塊の世代がごっそり抜けた後の人員不足を補うという意味もあるのでしょうか。
そんな比較的恵まれた環境の中での就活を経て、この4月から社会人生活をスタートした新入社員たちも、そろそろ研修期間を終えて独り立ちをする時期を迎えているようです。

毎年、新入社員を○○型とその特徴をモノに例えて表現するのが恒例となっていますが、
今年の新入社員は、「カーリング型」なのだそう。
「優しく背中を押してあげて、氷をブラシでこするように働きやすい環境を作ってやらないと止まってしまう」のですって。なるほど!

新聞の記事で読んだのですが、イマドキの新入社員クンたち、
上司に飲みに誘われてもキムタクのドラマの日だからと断り、
仕事中に注意をされると、「今、パツパツなんで後でメールしてください!」
なんて信じられないような返事をするらしい。ひえ~。

○年前、私が新入社員だった頃のことを振り返ってみると、そんなの絶対にあり得ない!いや、許されない!状況でしたよ。

あっちの上司、こっちの上司と毎日のように飲みに誘われ、もちろん「喜んで!」お供させていただき、カラオケでは上司が好きそうな演歌を熱唱し、上司のグラスは決して空にならないようお酌をし、注がれたお酒は絶対に断らず飲み干し、ヘロヘロになりながらも連日のように終電orタクシー帰り。
それでも翌朝は、グループで一番先に出社してデスク周りの掃除から始まる一日。
ある日、上司の言葉に対して言い訳をしていた同期の同僚は、「あんな風に口答えをするなんて!」と先輩に叱られていたことも。

今の新入社員に言わせたら、こういうのこそ「あり得な~い!」なんでしょうね。
でも、新人時代にそんな風にして鍛えられた経験は決して無駄ではなかったと思っています。
今となっては懐かしい良い思い出です。

新入社員諸君へ
プライベートを充実させることも必要ですが、なるべく多くの諸先輩方と飲みに行く機会を作るべし!
若いうちにいろんな人からいろんな話を聞くということは、決して無駄にはなりません。
たとえくだらない話ばかりであっても・・・
後々になって効いてきます。
スポンサーサイト
2008.08.01 Fri l いろいろ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。