Le Ciel 広島旅日記その2 宮島・厳島神社へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
1日目、正午過ぎに新幹線で広島に到着。
ホテルの部屋に荷物を入れて、すぐに出発。

平和記念公園と宮島をダイレクトに結んでいる世界遺産航路のフェリーに乗船しました。これはなかなか便利です。
潮位によっては出航できないときもあるそうで、乗船前に電話で問い合わせをした方がよいようです。私もホテルのフロントで確認をしてもらってから出かけました。

<以下、写真はクリックすると拡大できます。>

世界遺産航路

1時間弱の船の旅。景色を楽しんでいるうちに、あっという間に宮島に到着です。

歓迎宮島町宮島案内図

宮島に着いて最初に出迎えてくれたのは、たくさんの鹿たち。
島のいたるところに鹿がいます。人慣れしていて、近づいても全然平気です。

宮島の鹿

そして、いよいよ厳島神社へ。
ちょうど潮がひいている時間帯だったので、大鳥居まで歩いていくことができました。(私の希望としては、水に浮かんでいるような神社を見たかったのですが。)

大鳥居その1大鳥居その2
大鳥居その3厳島神社全景
大鳥居6大鳥居5
世界遺産厳島神社



これだけの大きさの鳥居が自重だけで立っているということに改めて感心。
平清盛の時代、数百年前にそんな技術があったとは驚きです。

神社内部その1神社内部その2
神社内部その3神社内部その4

平家一門の栄華を象徴するかのような美しい神殿。
素晴らしかったです。これがずっと見たかったんですよ~。


宮島桟橋連絡船乗り場
フェリーみやじま丸

帰りは、宮島桟橋からフェリーに乗って宮島口へ。
宮島口からはJRか広島電鉄に乗って戻ることになるのですが、私は広電の路面電車を選択しました。
広電は路線もダイヤも充実していて、まさに市民の足という感じ。
路面電車が残る街っていいですね。

この日の夕食は、名物あなごめし。
宮島口にある有名店、「あなごめし うえの」でお弁当を買いました。

あなごめし包みあなごめしその2

いやあ、これが絶品でした。
穴子というと、私の中では江戸前のお寿司のイメージで、ふっくらと柔らかくて甘めのタレがかかったものを思い浮かべていたのですが、
うえののあなごめしの穴子は身がしっかりとしていて噛みごたえがあり、口の中で旨みがじゅわっと広がるような感じ。タレも醤油の味が勝っていて、ご飯がすすみます。
何よりも、お弁当にして数時間蒸らされることにより、味がしっかりと行き渡り美味しさが増すのだそうです。確かに。
ここ数年の間に食したものの中では、ナンバーワンかも。
これは何度でも食べたくなる味です。

美しいものを観て、美味しいものを食べて、満足満足の1日でした。

スポンサーサイト
2008.09.05 Fri l 旅行 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。